« マトリックス組織 | トップページ | 市民と市長のまちかどトーク »

森のなかま・枝打ち

森のなかま、久野丸塚南の枝打ち作業。海抜500メートルはさすが寒い。おひとり新規で見学に来られた方に森の作業の体験と、森のご説明。森のなかまもだんだん人数が増えてきた。

間伐や草刈りは、作業の効果がダイナミックなので速度感があるが、枝打ちは時間を食う地道な作業だ。近くにも、手入れの足りない人工林がずっと広がっている。この人数で、この速度で、この面積・・・小田原の森再生には、どれだけの人と時間がかかるのか。まずは、それを算出しないと目標が立たない。

ヒノキは、スギのように自然に枝が落ちる事はない。丈夫で美しい材なのだが、放置されたら、やっかいな木だ。

|

« マトリックス組織 | トップページ | 市民と市長のまちかどトーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/32414714

この記事へのトラックバック一覧です: 森のなかま・枝打ち:

« マトリックス組織 | トップページ | 市民と市長のまちかどトーク »