« 自治基本条例オープンスクェア | トップページ | ケアタウン構想検討委員会傍聴 »

広葉樹の切りたおし

11月28日は神奈川育林隊の作業。本日は茶畑周辺の雑木を伐採した。カシとミズキが茶畑と蜜柑畑の上を覆ってしまって、暗くなりそうな状態。光が差し込む事が農業の基本条件だから、畑の近くの樹木はどこかで伐らないといけない。

広葉樹を伐るのはおっかないと言うかスリルがあると言うか、不確定要素が多くて、どっちに倒れるやら、ヒビがどう入るやら、どう跳ね返るやら・・・無事に済んで良かった。

コナラ、カエデ、カシ、ミズキ、各一本ずつ。直径は最大で40センチ程度。伐る前には、みんなで、どちらに牽くやら、どう伐るやらで、ああだこうだ言ってまとまらないが、一人の仮説を採用して取りかかるしかない。その結果、3本は仮説どおり、きちんと倒れた。一本は、反対に倒れた・・・難しいものなのだ。

コナラとカシは、椎茸のホダ木にするそうだ。ミズキは、頂けるとの事で、ろくろの材料になる事に。少しミカンの収穫もした。今年は、昨年の強剪定のためか実は少ないが、味は良い。


|

« 自治基本条例オープンスクェア | トップページ | ケアタウン構想検討委員会傍聴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/32406172

この記事へのトラックバック一覧です: 広葉樹の切りたおし:

« 自治基本条例オープンスクェア | トップページ | ケアタウン構想検討委員会傍聴 »