« 底上げ的手法とモデル事業的手法 | トップページ | 小田原の山王海岸の群落を保全しよう »

本年の十大ニュース

森谷個人としての、今年の十大ニュースを考えてみた。ニュースと言うのだから、新しい事、今年始めて起こった事て、小田原と関係のありそうなものを選んでみた。

1 入院・手術 

 某病院で、某疾患のために、10日ほど手術入院。その後しばらく、ふらふら家で暮らしていた。一時生死をさまよった・・・(気がしただけ)。今は完全回復。おかけで体重がばっちり標準体重になり、以後これをキープしないといけない。食事に注意・・・と言う事で、自然食系に向かわないと長生きは出来ない・・・

2 環境再生ブロジェクト検討委員になる

 小田原の環境を再生しよう・・・と言う市の審議会みたいなものに応募。市民委員と言う事で、非常勤臨時職員なのだそうだ。定例の他に、調査やら、勉強会やらで、毎週のように市役所に行っている。

3 自治基本条例検討委員になる

 小田原の憲法・・・みたいな、地方分権、市民協同をつくる基本条例の制定のための市民委員に。環境再生にくらべても、さらに回数が多くて、なんだか大変。会議だけでなく、サポセン祭りにイベント参加までした。

4 なんだか、小田原の知り合いが急激に増えた。

3と4に関係あるのだが、なんだか芋づる式に地元の知り合いが増えた。小田原でも何かと「一言うるさい人」のネットワークの一部に接触したのだろえか・・・?

5 木工ろくろを習い始める

 年の初めから、A先生の所で木工ろくろを習い始めた。なんだか面白くて、月二回のペースだが、大分色々なものを作った。一年目なのに、年末には恥ずかし下もなく展覧会に出品・・・でも、お恥ずかしいものしか出来なかったのが残念。来年はちゃんとしたものが出来ると良いが・・


6 漆を習い始める

ろくろで木地ができても、そのままでは使えない。なんでも自分でやりたいので、漆も南足柄のN先生に習う事にした。11月に始めたが、今の所かぶれはしないので、一安心。自分で山から木を伐って、削って、漆をして、自分で用いる。活動の繋がりが完成すれば良い。

7 某高校の生物の講師に

 某高校の講師として、久しぶりに生物学を教える。少人数だが、授業は授業なんで、案外準備に時がかかる。全部、プロジェクターでやっているから・・

8 神奈川・東京以外の都道府県にいかなかった

 今年は、旅行も出張も研修も何もしないで、一番遠くまでいったのが、多分東京秋葉原・・ほとんど小田原か横浜で何かしていた。こんな年も珍しい。

9 市民ホールの予定地に花壇をつくる

 足柄の森のめぐみ のYさんと市民ホールの予定地に市民花壇をつくる。堅い石だらけの所を耕す所から始めて、なんとか短期間に花壇になった。

あれこれ工夫しているうちに、無耕起、無農薬、宿根草中心のいい加減花壇にする事にした。池もつくって何か生き物の住処になればと企てるがどうなるか。ついでの勢いで、広場の掲示板と堆肥の枠も間伐材でつくった。なんだかデザインが悪くて付近の風景にマッチしていない・・すいません。

10 FM小田原に出演・・

 なんのきっかけか・・・FM小田原の「らんらんラジオ」と言うトーク番組にゲストで出演。森の話をしてきた。久しぶりに、放送スタジオの雰囲気に囲まれ、昔の事を思い出した。また自分でラジオ番組をつくりたいな・・・


まあ、こんな所で10件になった。日々続いている仕事は、いっぱいあったけど、変化と言えばこんなものだろう。

来年は、完成させないといけない事が多くて大変だ。

|

« 底上げ的手法とモデル事業的手法 | トップページ | 小田原の山王海岸の群落を保全しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/32796086

この記事へのトラックバック一覧です: 本年の十大ニュース:

« 底上げ的手法とモデル事業的手法 | トップページ | 小田原の山王海岸の群落を保全しよう »