« 7月8日 山王海岸に「なぶら」が立つ・・・ | トップページ | 割り箸生産の工程 »

7月5日 タケの侵入

 久野の欠の上を通りかかったら、茶畑にマダケがニョキニョキと生えてきているのが目に飛び込んできた。少し前まで、マダケの筍のシーズンで、随分食べたが、とらずにほっておくと、こんなに伸びてしまう。

Img_0526


茶畑が茶色いのは、多分放射線が検出された影響で収穫せずに強選定したものだ。こちらも大変だが、農地や草場にとって、タケの拡大は、ゆゆしき問題なのだ。


下曽我応援団ぷらむの方達は、これを「侵入竹林」と呼んで、伐採やタケノコ狩りのイベント開催などを通じて駆除する活動を続けている。

農地は、ほっておけば、草と、雑木と、タケで、やがて埋め尽くされてしまう。出てきたら、すぐに切ってしまい、食べてしまえば、どうと言う事はないのだが、人手がたりない農家では、時に間に合わなくて、畑がタケに知らぬ間に覆われてしまう、少し、時期が遅くなれば、すぐに堅くなって、筍が竹になってしまうので、そしたら処理が、もう大変・・・

タケは地下茎で増えていく。マダケは一年で、こんな勢いで、範囲を広げていく。タケの拡大速度を写真から実感して貰えればと思う。

|

« 7月8日 山王海岸に「なぶら」が立つ・・・ | トップページ | 割り箸生産の工程 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/40754970

この記事へのトラックバック一覧です: 7月5日 タケの侵入:

« 7月8日 山王海岸に「なぶら」が立つ・・・ | トップページ | 割り箸生産の工程 »