« 九十九里浜の海岸植物を見てきました | トップページ | 7月5日 タケの侵入 »

7月8日 山王海岸に「なぶら」が立つ・・・

山王海岸で、ハマボウフウを見回っていたら、地元の方が海をさして「なぶら」が立っていると教えてくれました。多分「イワシの群れ」との事です。

見ると、海が少し盛り上がっています。かなり海岸に近づいています。かなり大きな群れです。

Img_0862_3

こんな小魚の群れを追って、アジやらブリやら大型の魚がやってきます。釣り人たくさん出ていましたが、アジ釣りをしているとの事でした。かなり大きなのが釣れる時もあるそうです。

山王海岸は、釣り人には知られた場所のようです。山王川の河口付近は小魚が集まるのでしょうか。川の養分 → プランクトン → 小魚 → 大型の魚 ・・と言う連鎖なんでしょうか。釣り船も良くこの付近に来ています。


Img_0865

このところ、頻繁に山王海岸に来ていますが、海面は毎日変化します。雨がふって濁りで境目ができたり、色も刻々変わります。豊かな海は、やはり河からの水を必要としています。

山の様子と海の様子を、長年見て来ている方には、その連関は手に取るように分かるのでしょうね。山と海を様子を、交互に眺めていきたいと思います。

小田原は、山と海が直結して観察できる、小さなまちです。


|

« 九十九里浜の海岸植物を見てきました | トップページ | 7月5日 タケの侵入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/40748307

この記事へのトラックバック一覧です: 7月8日 山王海岸に「なぶら」が立つ・・・:

« 九十九里浜の海岸植物を見てきました | トップページ | 7月5日 タケの侵入 »