« アコースティックシティ | トップページ | 小田原城址公園下層植生の様子 »

山王海岸の植物を守り育てる会への協力をお願いします

以前ご紹介した山王海岸のハマボウフウ、ハマヒルガオ、コウボウムギなどの海岸植物を守るための会を組織する事になりました。私と地元の方が発起人になり、地元の方を中心にして順次協力者を募りたいと思います。興味のある方、近隣の方で協力いただける方は是非ご参加ください。


山王海岸の植物を守り育てる会(仮称)発足への呼びかけ

   趣旨

 酒匂川と山王川に挟まれる山王海岸には小規模な砂丘状になって、ハマボウフウ、ハマヒルガオ、コウボウムギなどの貴重な植物が生育して、地域の憩いの場となっています。

 近年、これら植物が砂浜の減退、道路の影響、踏みつけ、外来植物の侵入などにより減少しています。西湘地域の固有の地域植生としては、絶滅の危機にあると言えます。

 地域固有の豊かな自然を守り育てていく事は地域活性化や、豊かな暮らし、地域交流の礎にもなると考えています。

 近年、地元の有志により植物保護のための個人活動が続けられてきましたが、より多くの方や関係機関等の協力を得なくては進められない段階になっています。

 つきましては、海岸植物保護育成のための会を組織したく、関係の皆様に提案する次第です。是非、お名前を連ねて頂き、海岸動植物の保護育成と、海岸美化、海岸再生への取り組みに協力頂ければ幸いです。

       会の活動予定

 植物群落内のゴミ拾い
 ハマボウフウ、ハマヒルガオ、コウボウムギの保護のための活動
 ハマボウフウの採種と育苗、植え付け 里親制度の提案など
 外来植物の駆除による在来種の育成
 海岸全般の清掃活動への協力
 保護育成のためのマニュアル、パンフレットなどの作成・配付
 保護をよびかける看板などの設置 関係機関などとの連携
 その他、海岸の自然を考え再生する活動

     会の構成

賛同いただける皆様にお集まり頂き、構成を決めたいと思っていますが、当面の事務や保全のための業務は発起人が引き受けさせて頂きます。当面は任意団体として、会費等無しで、随時活動していきます。

発起人 森谷 昭一 小田原市久野  ビオトープ管理士 自然観察指導員
    長澤昭   小田原市山王  談話室 富士海荘

   海岸の様子や現在の取り組みなどは下記を参照ください。

    山王海岸の植物群落  
「sannoweb.pdf」をダウンロード

|

« アコースティックシティ | トップページ | 小田原城址公園下層植生の様子 »

コメント

その後、いかがでしょうか?山王川の河口近くに住んでいるので、興味津々です。

投稿: 伊豆川哲也 | 2012年6月19日 (火) 02時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/41305818

この記事へのトラックバック一覧です: 山王海岸の植物を守り育てる会への協力をお願いします:

« アコースティックシティ | トップページ | 小田原城址公園下層植生の様子 »