« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

山王海岸の清掃を10月2日に行います

10月2日に山王海岸の清掃を行います。お手すきの方はお手伝いください。

10月2日 日曜日 9時から12時頃

場所 山王海岸

 ビジネス高校の入り口近くの小田原支援センターアシストの所から海方向に路地を進むと、西湘バイパスの下をくぐる小トンネルがあります。そこから出た海岸付近で行っています。

持ち物 軍手

ゴミ袋はこちらで用意します。今回は、主にプラスチックゴミを植物群落から拾い出します。

9時から12時の間で、一部でも良いのでお手伝いください。

なお、今回は駐車場を確保できませんので、各自の責任でいらして来てください。

雨天中止です。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風15号で山王海岸にも大量の漂着物

台風15号の波で、山王海岸の植物群落に漂着物とゴミが押し寄せました。


Cn7

前回の台風でも、漂着物はありましたが、波打ち際まででした。今回は波が高く、植物群落のある部分まで波が押し寄せてゴミを運んできました。

Cn4

防潮扉の近くまで波は押し寄せました。

Cn5


砂浜のもっとも高くなっている部分まで、波がきました。そのため、ここに軽いペットボトルやプラスチックゴミが集まってしまいました。

Cn2

海岸植物と混ざってしまうので、早く回収しないいといけませんが、あまりに大量で手の施しようがないと言った感じです。少しづつ拾っています。

Cn3

ハマボウフウの近くまで、ゴミが押し寄せてしまいました。植物そのものは元気で、海岸植物にとっては台風程度は当たり前の事で、なんともないのですが、人工物には極めて弱いものです。


Cn1

台風前の様子ですが、人工物は何もありませんでした。


Cn12_2

海岸に台風が来て流木などが流れ着くのは、自然な事で海岸の動植物にとって「日常茶飯事」なのかも知れませんが、人工物が集積するのは以上事態です。たまたま浮かぶことができて、集積した人工物が押し寄せた訳ですが、この出来事の背景には、様々な環境問題が凝縮されています。

Cn8

人間が広大な範囲で少しずつ気がつかないでまき散らかしたものが、波で集められて、ほんの僅かな範囲でしか生きられない海岸植物の上に覆い被さってしまったようです。

自分としては、どうもこの地域の環境の非常事態・・・みたいに思っているのですが。

ちょっとづつ拾うしかないのですが・・・お手伝いくださる方はコメントください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだわらグリン−マップ設立総会のご案内2

「グリーンマップ」は市民の力で環境をしらべて独自のアイコンを使って地図をつくっていく運動です。昨年、小田原市環境再生プロジェクトの事業として第一弾をつくりましたが、今後も継続していろいろな地図を作っていくために、任意団体を組織する事になりました。

ブログのあるじが、設立事務を担当しています。

設立総会を行いますので、どなたでも地図づくりに興味のあられる方はご出席ください。

日時
平成23 年 9 月26 日 (月)
午後7 時より
場所 小田原市役所 4 階 第四委員会室

議事予定
午後7 時00 分 グリーンマップに関する情報交換
午後7 時30 分 設立総会
  規約提案
  役員選出
午後8 時00 分
  第一回実務会議
   第一弾改訂版の状況ならびに増刷について
   第二弾作成について
   講演会について
午後9 時終了予定  

設立発起人

高瀬和昌、森谷昭一、露木孝作、天野忠明、村越寿代

趣意書はこちらから(表)

「greemsyuiomo1.pdf」をダウンロード

趣意書 裏

「greemsyoiura1.pdf」をダウンロード

規約案はこちら

「gmkiyakuan.pdf」をダウンロード

参加御希望の方は、この記事へのコメントください。直接会場にいらしてもかまいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シダ展のお知らせ

次のとおりシダ展が開かれます。興味のある方はどうぞ。主催のJさんから葉書が届いています。

第3回シダ展
2011年10月6日木曜日から10日祝日
  10時から16時
  10日は15時まで
場所小田原フラワーガーデン

講演会・同定会
 10月9日 日曜 13時から15時30分
 中西敏之 先生  

Img_0002


Img_0001_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月18日 茅ヶ崎「ゆい」移植会

茅ヶ崎のNPO「ゆい」主催の海岸へのハマボウフウなど「砂草」の移植イベントに参加させていただきました。茅ヶ崎東海岸、ヘッドランドの砂地です。朝早くから沢山の方が集まっていました。

Img_4044

まずは、海岸植物でない植物をとりました。ここでも、オオフタバムグラが大量に侵略して来ています。小田原に較べて、砂が細かいので、なかなか抜きにくい・・・

Img_4027

ハマボウフウ、ハマヒルガオなどの苗。ゆいさんでは海岸植物を「里親」さんに育ててもらっています。里親の皆さんの涙ぐましい努力の結晶の苗です。

Img_4016

みんなで揃って、植え付け開始。茅ヶ崎えぼし岩がみえる、絶景の中での移植会です。


Img_4118

苗は丁寧に植え付けていきます。

Img_4119

植え付けが終わって、みずやり。根付くまで、しばらくの間、メンバーの方達が交代で水やりをしていくとの事。

Img_4136


移植が終わって、きれいになりました。うまく根付いて、海岸植物でいっぱいになると良いですね。

Img_4139

みんなで、記念撮影。先に帰られた方もいるので、随分たくさんの参加です。


Img_4144


| | コメント (0) | トラックバック (0)

知識単位学のブログを始めました

「知識単位学」というブログをはじめました。よろしければ、時々ご覧ください。

知識単位学は本ブログの主がライフワークとして取り組んでいる学問です。既成の学問としては「哲学」特に「知識論」が近いものですが、旧来の哲学にはとらわれず、「全体知」・・「すべてを知る」試みのひとつです。


 断片的な考察を少しずつ積み重ねながら、少しずつ世界を知る「原理」をみつけていく試みをしていきます。

知識単位学のブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原マルシェ 9月4日

小田原地下街 小田原マルシェが毎週開催になりました。早速行ってきました。

Img_3283

主催は合資会社 「まち元気小田原」

Img_3083

朝10時に行きましたが、だんだんと人が出始めていました。

Img_3189

主な出展者 湯河原 十二庵

Img_3086


お山のたいしょう

Img_3087_2

こんにゃく・・


Img_3202

原木しいたけ


Img_3178


ホットピュアさがみ


Img_3091

マルク

Img_3093_4

中戸川ボタン店


Img_3096

富士見ファーム

Img_3099


かまぼこの鈴廣


Img_3097


かまぼこを作る時に出る「あら」を堆肥化して、それを肥料として作った作物から作った製品です。


Img_3183


小田原種秀

Img_3106

この季節は梨がおいしい・・

Img_3147

11 肉の高橋

Img_3088

とれとれや31


Img_3100

行列が出来ているのは、シイタケの無料配付


Img_3235

短時間になくなってしまいました。


Img_3243

小田原マルシェのHPはこちら
小田原マルシェ

まち元気小田原 のHP はこちら

まち元気小田原

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謎の電柱・・ダブルブッキング物件

どぶの中にほぼ同じ太さのコンクリ電柱・・・水は流れるのだろうか。大雨だと、あふれる・・・か ?

Img_8697

「路上観察学」シリーズを、本ブログで始める事にしました。その第一弾。一瞬、頭が途方にくれる物件など捜索してご紹介します。

小田原市内、中心部某所。正確な場所は秘密です。自分で探してください。某国家機関の近く・・がヒント。傾いているのはどうしてか・・・


Img_8701

実は、支えの電柱ともに、2本も排水路の水を邪魔しています。どぶの方向と、電柱の方向がぴったり合うのは偶然か。

Img_8702


どうして、こうなったか・・ どぶが先か、電柱が先か。 工事は何時どのうようにして行われたか。どのような目的でこうなったか・・・・物件の成立過程について、社会学的・・政治学的・・・工学的・・に解明できるか。

まあ、あまり水も流れないような場なので、実害はない。きっと路上観察学者のために作ってくれた「アート」に違いないと思う。

電柱計画と、水路計画の「ダブルブッキング物件」としておきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »