« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

新九郎通信12月号

伊勢治書店3階 ギャラリー新九郎通信 12月号です。

Shinkuro2312

PDF 表面はこちらから
「shinkuro2312s.pdf」をダウンロード

PDF 裏面はこちらから
「shinkuro2312u.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅丸くん at 小田原市役所

梅丸くんです。いつ頃、どんなイベントのために描かれたキャラクターなのか、分からないのですが、ちょっと薄れてきていて可愛そう・・・・薄れてかなり忘れられて来ている・・・・

Img_6825

梅丸くんのいる場所は、小田原市役所の裏側。「小田原ときめき夢まつり」とあります。市内の他の所にも梅丸くんがいるらしいのですが、調査中。

Img_6824

なんだか塗り直してあげたい気もしますが。。市役所の方に聴くと、梅丸くんに対してはどうも微妙な反応です。

まあ、ゆるキャラ、マスコットは、好きだ嫌いだ・・・と賛否両論、ややこやしいのですが。

梅丸くん、あなたはどう思いますか。まあ、ちょっと・・・な面もあるけど、もう一度、どこかで活躍してもらっても良い気がするのですが・・・・どうでしょうか。

梅丸くんについての情報、御意見などある方はコメントしてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

金治郎と小便小僧の微妙な関係

小田原路上観察学シリーズ

小田原駅には二宮金次郎と小便小僧のふたつの像がある。それぞれゆかりや経緯があるのだが、位置関係が微妙だと言う人がいる。
Img_5813

こう見ると本の上に小便小僧が・・・・

Img_5814

小僧側から見ると・・・どうも・・どうだろう・・う〜ん・・・


Img_5817

小便小僧移設の経緯は説明書きがある。

Img_5816

とにかく、いろいろ微妙だ・・・ 金治郎が薪を背負うのは史実ではないと言うのがほぼ定説・・・小便小僧もかなりの英雄伝説がついていて・・・

とにかく微妙な像ふたつが、微妙な位置関係で配列されているのは小田原だけかと思う。小田原は偉い・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

傾向ドア

小田原市 某海岸ぞいの街で発見  ただの物置のドアかと思うと・・・トタンの目の方向と見比べると・・・  しばらくぶりの路上観察学です・・・


Img_5514

何が傾いている・・・ドア、家、地面・・?


Img_5510

反対からみても、? ? ・・・・


Img_5516


遠くから見ると分かる・・・傾いた地面建つ正しい小屋だが、まっすぐにすると開けにくいので、ドアを地面に合わせて・・・・

・・・でも、大工さんは大変だったろう・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新九郎11月号

新九郎通信11月号です。アップが遅くなって申し訳ありません。

Shinkuro1111

PDF版表面です。
「shinkuro11.11s.pdf」をダウンロード
PDF裏面です。

「shinkuro1111u.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだわらグリーンマップ講演会のお知らせ

12月10日 グリーンマップの講演会が開かれます。

    みんなで、環境地図作りをしませんか。

Gmkouenimg


はじめませんか「環境地図づくり」
  おだわらグリーンマップ講演会

 グリーンマップは世界共通のアイコンを使って身近な環境を調査して地図をつくる運動です。小田原市環境再生プロジェクトのひとつとしてスタートしましたが、任意団体として活動する事になりました。第一弾につづき、皆さんと一緒に様々な地図を作っていきます。

 今回は、東京神田でまちあるきマップの製作に携わった牛山恵子さんをメイン講師に、地図作りのスタートアップ講座を行います。これを機会に一緒に楽しい地図づくりをはじめましょう。

2011年12月10日(土) 16時から18時 
  小田原市役所7階大会議室

            内容
1 おだわらグリーンマップ第一弾製作の経過 
    22年度小田原市環境再生プロジェクト検討委員 村越寿代
 
2 環境と地図の密接な間柄 / 市民調査が世界を変える
    小田原グリーンマップ事務局 森谷昭一

3 街と人を結ぶ まちあるきマップづくり 牛山 恵子 ( スタジオパンダ ) 

   ケーススタディ「「千代田区外神田エリアマップ『IO(TEN)』
   制作の背景/マップ作りに参加した人たち/
   マップ作りを進めていくために必要  なこと/
   制作の流れ/完成してからのこと/制作秘話

4 ミニワークショップ こんな地図をつくろう・・・

費用 なし
申込 12月7日頃までに  定員70名 先着順

  小田原市環境政策課 電話  0465-33-1472  
 または、おだわらグリーンマップ事務局
  森谷昭一 0465-35-1520  moriya☆nature.email.ne.jp

主催 おだわらグリーンマップ   後援  小田原市


パンフのPdfはこちらから


「gmkouenweb.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだわら環境市民フォーラムホールプログラム

先にお伝えした、おだわら環境志民フォーラムのホールでのプログラムの詳細がきまりました。是非ご聴講ください。


おだわら環境志民フォーラム   
ホール プログラム 2011年11月
     
19日(土)
9:30~        開場
10:00~10:05    開会         FMおだわら
10:05~10:10    趣旨説明       鈴木 
10:10~10:15    詩の朗読       山本
10:15~11:20    基調対談。森里海連環「魚つき林思想に立った生き方とは」
                        田中 克  畠山重篤
12:00~13:00    休憩
11:30~11:55    プレゼン。「ブリの海」昭和の映像。     石戸谷博範
13:00~13:20    ミニ講演①「食とどう向き合うか」     上田勝彦
13:20~13:40    ミニ講演②「放射能とどう向き合うか」   菅野 哲
13:40~14:00    ミニ講演③「今までの生き方を正す」    大熊 孝
14:00~14:20    ミニ講演④「エネルギーを考える」     河野太郎
14:20~14:40    ミニ講演⑤「緑の国へ~生まれ変わる日本の再生~」                              
                                稲本 正
14:40~15:00    休憩
15:00~16:50    パネルディスカッション1「私たちの生き方を見つめる」
             コーディネーター  野中ともよ
             パネリスト   上田勝彦 菅野 哲 大熊 孝 稲本 正  太田猛彦
16:50~17:00    閉会           FMおだわら
17:00~        懇親会   市役所7階 大会議室
               
20日(日)

8:30~       開場
9:00~9:05    開会     FMおだわら
9:05~9:20    総論「小田原の環境変化と課題」       鈴木
9:20~9:30    各論「ブリの森づくりプロジェクト」     川島
9:30~9:40    各論「報徳の森プロジェクト」        近藤
9:40~9:55    まとめ「これからの環境(エコ)シティーの取り組み   鈴木
10:00~12:00   パネルディスカッション2「小田原の豊かな海のために」
           コーディネーター    野中ともよ
           パネリスト      高橋征人   武井 正  上田勝彦
                      石戸谷博範  篠本幸彦  加藤憲一
12:00~13:00    休憩

13:00~14:00    基調講演「森林の変遷とその機能~森・川・里・海のつながり~」
                       太田猛彦
14:00~15:50  パネルディスカッション3「小田原の森の再生と暮らし」
           コーディネーター     太田猛彦
           パネリスト       神山洋介  辻村百樹  近藤増男
                       永井壯茂  田中 克  畠山重篤
                       杉山精一
15:50~16:00    閉会
展示は16:30まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだわら環境市民フォーラム環境系団体展示のお知らせ

11月19・20日の「おだわら環境市民フォーラム」で次の環境系団体等の展示をします。是非お立ち寄りください。けやき二階大会議室です。あと数団体追加がありましだ、またお知らせします。

 順不同

● ちえのわハウス+あおいほし
  フェアトレード商品 + 廃油石けんの紹介

   ちえのわハウス+あおいほし

● 複層ボーダー植栽協会
  植物を立体的にデザインする画期的な花壇植栽方式の紹介

   複層ボーダー植栽協会

● 漆の木から広がる未来
  漆の木の植栽活動を中心として地元の魅力、伝統工芸の魅力を発信します。
   漆の木から広がる未来
 
● 小田原・箱根からくりパズルを広める会
  からくりパズルを広める活動をしている会 間伐材利用のパズルなど展示します。 

   からくりパズル

● ミニコミえん
 小田原から発信する情報誌です。

   みにこみえん

● 志村屋米穀店 
  食品リサイクルの堆肥を使って育てたお米の紹介をします。
  志村屋米穀店

● 桑原めだか米の会
  地域のメダカを保護するために田んぼを保全している活動です。

   桑原めだか米の会

● 美しい久野里地里山協議会
 県の里地里山事業に指定されている久野。その魅力と楽しい活動をご紹介します。
   美しい久野里地里山協議会

● 特定非営利活動法人パソボラサークルステーション
  就労支援事業所の紹介。「木ざら」の紹介。  
   パソボラサークル

● おだわらグリーンマップ
  グリーンマップは世界共通のアイコンを使って地域の環境を地図にする運動です。
   小田原グリーンマップ

● 旧片浦中学校食とエネルギーの地産地消プロジェクト実行委員会
  片浦中学での食とエネルギーの地産地消の取り組みを展示します。 
   CLCA

● NPO法人 コモン
  木のぬくもりでリハビリテーションのお手伝い ケアー木・・の展示
   コモン
   ケアー木
● 株式会社 プラントビオ
 水生生物の調査・分析を通して、自然環境を考えます。酒匂川の生き物の写真を展示します。
   プラントビオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだわら環境志民フォーラムで全国環境NG0を紹介します

おだわら環境志民フォーラムが11月19日、20日に開催されます。

身近な自然環境との共生や地域エネルギー自給について、森里海連環をテーマにシンポジウムが行われるとともに、ネットワークづくりに関しての呼びかけと展示がおこなわれます。

その中で、全国規模の環境NGO等の紹介をします。次の団体が展示とパンフ配付などを行います。この機会に、是非国際的に活動している環境諸団体について知って頂き、活動に参加して頂ければ幸いです

○ 公益財団法人日本本野鳥の会
  みなさんご存知の野鳥保護団体の老舗です。自然にあるがままの野鳥に接する機会を設け、適正な保護を進めています。
   日本野鳥の会
   

○ 公益財団法人日本自然保護協会
  暮らしをササおる日本の自然の豊かさ=生物多様性を守る活動を半世紀以上続けて来た組織です。自然観察指導員の資格制度をがあります。
   日本自然保護協会

○ 財団法人日本生態系協会
  美しいくにをつくるシンクタンク、自然と調和した国土利用に関する提言活動、調査・研究、普及啓発などを行う団体です。ビオトープ管理士の資格制度があります。
   日本生態系協会

○ 社団法人日本ネイチャーゲーム協会
  ジョセフ・コーネルにより発表された自然体験プログラム・「ネイチャーゲーム」を進める組織です。ネーチャーゲームリーダーの資格制度があります。
   日本ネイチャーゲーム協会

○ 公益財団法人世界自然保護基金シジャパン( WWFジャパン)
   約100カ国で活動する国際的な環境保全団体の日本支部です。
   WWFジャパン

○ 一般財団法人日本熊森協会
  クマ達を守ろうと中学生が立ち上がり、やがて大きな組織になりました。クマの暮らせる森づくりを進めている実践自然保護団体です。
   熊森協会

○ 認定NPO法人日本自然環境復元協会
  環境再生医の資格制度をもつ環境再生の組織です。
   自然環境復元協会

○ 社団法人 全国森林レクリエーション協会
  森林のレクリエーション利用を推進する公益法人です。全国森林インストラクターの資格制度、子供樹木博士、森林環境教育などを実施しています。
   全国森林レクリエーション協会

展示会場には、各組織のパネルを展示するとともに、それぞれの発行する雑誌などを手にとってみて頂けます。また入会案内などのパンフもお配りします。

全国森林インストラクター、自然観察指導員、ネイチャーゲームリーダー、ビオトープ管理士などの環境に関する資格制度について、ご案内します。

環境組織の大きなテーマは「生物多様性」。生き物を守り、私達の永く続く暮らしを守る団体の活動について、この機会にふれてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだわら環境志民フォーラムのサイトができました

おだわら環境志民フォーラムの独立サイトができました。是非参照ください。


おだわら環境志民フォーラムのサイト

今後、最新情報が掲載されていきます。催しに関する最新情報はこちらから参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »