« 小田原マルシェ12月3日 | トップページ | 竹の小鉢製作 »

半月スタンド製作

森谷工房(ひのき工房)の木工品「半月スタンド」です。ヒノキの間伐材丸太を半割にして、かまぼこのように切って、磨いて、鋸で切れ目を入れてあります。

Pc150005

大きなものは、葉書用、中がLサイズの写真、小が名刺サイズのカードを挟み込みます。フォトスタンドとして、陳列商品説明用、会議のネームスタンド、予約済み・・・色々使えます。

先日、急に電話で注文が来て、「200個つくれ〜・・・3日以内、12月15日まで・・」との事。何やら贈り物に大量に使うらしい。必死でつくりました。

Pc150001

半月にするのは機械でやるとして、最後の溝入れは手でしかできません。紙の薄さに鋸目を入れるには、胴付き鋸で手作業するしかない。 丸太から全部作り終わるまで一日かかってしまいました。


Pc150002

鋸が曲がると、飾る写真が水平になりません。感覚だけで水平をとって切るのは案外と難しい・・・

ひのき工房のコンセプトは「木のおさしみ」「木の活け作り・・」です。木の良い所を取り出して、切って、そのまま飾る。意匠や造形はできるだけしない・・というか、していないように見せかける。誰でも作れそうで、妙に難しいってのを目指しています。

今回は、急ぎでしたので、良い物が出来ませんでしたが、こんな簡単なものでも、良い木の良い部分に遭遇すると、それだけで美しい・・100個に一つくらいでしょうか。節や、年輪、木目を楽しんでもらう。

ひとつ100円前後です。大きさや木目によって色々です。急に言われても、材料がない時もあります。

|

« 小田原マルシェ12月3日 | トップページ | 竹の小鉢製作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/43532130

この記事へのトラックバック一覧です: 半月スタンド製作:

« 小田原マルシェ12月3日 | トップページ | 竹の小鉢製作 »