« 小田原板橋みかん「棚畑」 | トップページ | 環境・自然再生のための組織研究1 事例研究 »

冬の暖かな草たち

久野 船原にあるため池の草地。 1月、草地はとても暖かい。冬の光ほど暖かいものはない。気持ちがいい。
Img_7216

2 これは自然・・ いえいえ、人が「育てた」・・・「草地」。春、夏、秋・・8回は、ここの草刈りしただろうか。草達との戦いで、今は草達が少し休んでいる。

自分も、少し休んでいられる。決して自然ではない、人のつくった草地。何も植えていないし、何も持ち出していない。ただ、草刈りをしただけ。除草祭なんか使わない。それで、こんなに頼もしい。

Img_7218

3  ロゼット達。本当は草は休まない。こんな形で、春をまっている。暖かくなれば、いっきにのび盛る。

Img_7219

4 冬といっても、緑もあるし、花だってさいている。暖かければ、昆虫も出てくる。冬の草地は、案外忙しい。

Img_7221_1

5 もぐらが、地中で大活躍。おかげて、草地は、ふんわり柔らか。踏まれないと、みんな活き活きとしている。

Img_7225

6 彼岸花・・冬の間に栄養を蓄える。花は知っていても、葉っぱは、ちょっと無名。冬に彼岸花はなんだか力強くて、こちらの方が美しい。


Img_7230

邪魔な分だけ、刈り取ってやる。最小限に。根まで掘らずに、刈り取った草はそのままに置いておく。そんな草との戦いを楽しんで、気付くととても美しい。

こんな草刈りを数百年も続けていると、そこにきっと奇跡もおこる。自然と闘い人の作ったもで、一番美しいと思うのは、こんな草地。


|

« 小田原板橋みかん「棚畑」 | トップページ | 環境・自然再生のための組織研究1 事例研究 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1294301/43805751

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の暖かな草たち:

« 小田原板橋みかん「棚畑」 | トップページ | 環境・自然再生のための組織研究1 事例研究 »