« 2013年5月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年9月

【木工ろくろ】 器のお尻は洗う人のため

木工旋盤で器つくり。ヒノキの深皿をつくりました。

さて、木のお皿やお盆は裏面に「いとじり」と呼ぶ円形に凹んだ部分があるのをご存知でしょう。ここで、回転する機械に取り付けて削る訳で、ないと旋盤の機械にとりつきません。

でも、この糸じり・・・・洗うときには、どうも汚れが貯まりやすい。頻繁に洗うような日用品では、ここの水をとりにくい。洗う立場の方から文句が・・・

で、いとじり の所を削ってなだらかにした器を作りました。他にも自分のつくるものは、できるだけ洗いやすい器を心がけています。

この部分、どうやって削るか。機械に取り付けるには、いろいろ技がいるのです。チャックと言う機械式でも、真空吸引の機械でもできるけど、面倒・・・。 自分の所では、こんな風に「形木」にはめ込んで取り付けます。

簡単なようで、裏表の軸がそろわないと、いびつになります。金槌のひとたたき・・でぴたりと定位置に・・って訳にいかないので、苦労するのです。

こんな、工夫のある器はどうしても高価になる。でも、それだけ使いやすいと思います。器を購入される時、こんな工夫のものは、高くても買ってくれると、工芸家達は一生懸命工夫をすると思います。

器の表面は、周りで見てる人のため。
器の内部は、食べる人のため。
器のお尻は、洗う人のため。

なのかも知れません。器のお尻も良く評価してやってください。

Img_7516
ヒノキの深皿。左は「いとじり」がそのまま残っています。右は削ってなだからにしてあります。洗うときに楽・・
Img_7518
こんな風に形木に被せて固定して削ります
Img_7521
こんな風に、形木の枠にはめ込む場合もあります。いずれにしても、軸がびたりと合わないと削れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【山王海岸】台風でゴミいっぱい

台風が通り過ぎて、全体としてそれほど大きな被害はなかったようですが、海岸はゴミいっぱいになりました。

植物群落にも一部ゴミが打ち寄せていました。これから、清掃作業をしないといけません。かながわ海岸美化財団や地元の方などが清掃してくださいますが、人手は足りてません。

美化財団は、神奈川全域を清掃しないといけないので、どうしても遅くなってしまいます。

お近くの方、海岸を愛する有志の方は是非ゴミ拾いを各自でしてください。

まず、ペットボトルやブラスチックゴミなどを中心に先に拾ってください。飛んだり細かくなる前に処理してしまわないといけないのです。

ボランティアの袋に入れて、所定の場所に置けば美化財団の方が集めてくれるのですが、連絡がとれずに勝手に置くと地元の方に迷惑をかけます。分からない場合は個人で持ち帰って処理してください。

こちらの会で行う場合はまた連絡しますので、その時は協力ください。

山王海岸に限らず、自分の近くの海や、河川などもこんなではないかと思います。気がついたら「ちょいボラ」で、プラスチックのゴミ拾いからお願いします。

 

Img_7469
ペットボトルがいっぱい。
Img_7471
植物群落の上にもかかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2014年1月 »