地域フォレスター制度

地域森林官制度 フォレスター

日本版フォレスター制度をつくろうとの議論があります。フォレスターは訳せば森林官。林野庁に森林官と言う役職はあり活動していますが、主に国有林の管理が仕事です。ここでは、もう少し包括的に官民協働で森林を統括する立場の創成について提案します。

 森の荒廃が話題になりますが、その原因とひとつとして、森林の所有制度が複雑で、地域の森林管理が一元化できない。国有林、県有林、市町村林、財産区、地域所有、個人林、企業所有・・・様々な所有形態の森が入り乱れているのが普通です。小規模や個人所有林などは、不在地主であったり、相続の関係で、所有者が現地を見た事もないような事例も少なくありません。

 小さな林分を手入れしても、隣の林分がそのままでは、光を林床にいれる事もできません。防災のためにひとつの山全体を一度に手入れする必要な場合もあります。

 森林作業をするのに最初に必要なのは、境界の確定。他人の山を勝手にいじれませんから、作業前に関係者の立ち会いで境界を確定する必要があるのですが、所有者すら忘れている場合があり、困難です。また、老齢のため所有者が立ち会えない等、年々困難になっています。ひどく手入れの遅れた森があり、森林ボランティア団体などが手伝っても良いとの意思をもっていても、所有者すら分からない事が少なくありません。

 なんらからの形で、地域の森林すべてについて、所有者や林分の様子、地質や地形などを統括的に把握している立場が必要です。個人の所有権に関わり、登記簿を参照したりする必要がありますから、ある程度公的な立場、権限をもった行政職の立場が必要です。

 国により制度は違いますが、そのような仕事をするフォレスターと言う役職があります。森林の実情把握だけでなく、技術的な支援や、さらに木材の流通経済のコーディネートまで行う場合もあります。

 公有林だけの立場なら、それぞれのセクションで森林簿をつくり管理していますが、地域横断的に、あらゆる所有形態の森林を統括管理する事はできていません。

 ひとつの水系で、森林はひとつの自然としてのまとまりがあります。所有区分は違っても、生き物達は自由にいきかい、水や風は一緒に動いていいきます。地域、特に市町村レベル、水系レベルなどを統括的に把握して運用していくような営みが森林再生には不可欠です。

 そのような強大な権限を集中的にもたせるのは、自由主義社会になじまない等の意見もあり、公権と私権の関係する難しい問題ですので、そう簡単には進まないでしょう。個人所有者が、かえって反発するような事態もありえます。しかし、制度の確立を待つには、森林の状況はすでに危機的です。

 そんな意味でも、「官民の関わる、協働によるフォレスター制度」を地域ごとに確立する事が課題です。各地域には、地域の名コーディネーターのような立場の人がいて、どこの森は誰の所有か、そしてそれぞれの家庭の実情まで近隣関係の中で把握している方が大抵はおられます。そのような方を通じて、個人的なつきあいの中で、互いの利益なるような施業や保全の手立てを組み立ていいく。さらに、それに行政権限のある立場が協働して、公と私の調整をしたり、資金の融資や補助金などの手当も考えて行く。

ひとりの「森林官」にあたる業務を、行政の森林統括部のようなセクションと民間の森林協議会のような組織、さらに地域森林市民団体連合・・のような連携が加わり、実務として森林統括を進めていく。

上からの統合でなく、下から順次集まりを束ねていき、森林統括を進めていく事が現実的な方法です。こんな形で「地域フォレスター制度」をつくれないでしょうか。地域主義、市民協働、森林再生のさまざまな流れの中で、多分そんな形で森林政策が統合されていくものと考えいますが、森林再生の緊急性からして、このような流れを地域で加速していくのが第一の課題です。

 予算抑制の時代で、公の果たせる役割が相対的に小さくなっていく時代で、官民協働による制度には、森林に関する充分な情報公開も必要です。森林所有なども私権がからむので、公開されない事例も少なくないのですが、公有林については、ある程度の明細な地図がつくられ、市民に公開される事が必要です。森林状況に関する統計や、森林計画なども、もっと市民に公開する事により、協力が得られます。

 市民団体が、どこに関われるか、企業はどのように関われるか、共通の情報共有によって合意形成も容易になります。森の様子が、もっと一般市民に分かるようになれば、おそらくもっと多数の市民が税の使い方や、資金提供、森のの関わりなど、さらに多くの力を集結できるようになるでしょう。積極的な森の情報公開もフォレスター制度の果たす第一の仕事です。

 森林官というと林業的な立場からの統括と捉えがちです。一方で「自然保護官」という制度が「環境省」などにあります。各国にも、保護行政を行う強い力をもった役職がある場合があります。日本では、どうも縦割り行政的に、別々の地域で、別の仕事をするようになりがちです。森林の多面的機能、生産林としての森林だけでなく、国土保全や、生態系維持、動植物の保護など、すべての森に関する人の営みが、さらに統括されていく必要もあります。

 地域フォレスター制度の中には、行政区分や、学問領域の違いなども統合される立場で人材が集結される事も望まれます。動植物の調査活動をするような市民団体と森林ボランティア団体などの市民レベルの包括的な協力関係も大切です。

 このような事は国や県のレベルでは、かなり難しいでしょうが、地域でこれを実現するのは簡単かもしれません。地域という単位では、そのような立場の違いも、「近隣のおつきあい」の中で自然に交流できますから、地域での小さなフォレスター制度は、先見的に可能です。

 異なる森を自由に行き交い、地域の森の「もの知り」になる。今のままでは、森のもの知りは、人間の私権の外にいるクマやイノシシたちだけなのでしょうか。クマやサルほどに森を動き回り、地域の森を統括的に把握する仕事をみんなで進めたいものです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹の小鉢製作

年末、ひのき工房では竹の小鉢づくりをします。おせち料理に使います。

高さ4.5センチ、直径5センチ程。この緑色が正月らしい雰囲気にします。生きたままの竹です。

Pc270198

基本的に手作業です。電動では、どうしてもささくれができます。また、竹の良い部分を見分けるには手仕事しかない。

Pc250143

並行に切るのが難しい。簡単な治具をつくって切ります。ささくれないために、紙のような胴付き鋸を使います。

Pc250149

切り口が水平で、ささくれなく、スパッとした感じに切るのが大切です。

Pc270196

竹は上にいく程に細くなりますから、色々な直径ができます。この中から、規格の大きさのものだけを選びます。10個つくるのに20個は切って、その中から良い物を選びます。おせちに使わないのは、漆塗りに回します。


Pc250153


切り口は、少しだけサンダーでバリ取りをします。

Pc270193_2

竹は、こんな形で山から採取してきます。ちょうど良い径の所だけしか使わないので、一本の竹からせいぜい2個程度しか小鉢ができません。

Pc260177

竹は、下曽我の森で採取させてもらっています。ここの竹は、昔ものさしをつくっていた良い竹です。でも、竹が使われなくなって、竹が繁茂して、山が荒れています。もっと竹を切って使えば、山が再生します。小鉢つくりの筈が、どうも竹伐採、山再生の方に気が向いてしまい、竹を切りまくりました。

Pc260158

できた小鉢は、丁寧に洗って、水に浸けて保存します。空気中に乾いたまま置くと一日で色が黒ずんでしまいます。切って、すぐ納入して、すぐに料理に使わなくてはいけないので、鮮魚ならぬ「鮮竹」です。緑色の竹は、細胞はまだ生きています。

Img_6587

小田原の料理屋さんで、こんな具合に使ってもらっています。以前は京都から取り寄せていたそうですが、地元のものを使ってもらえて有り難いです。

17


| | コメント (0) | トラックバック (0)

植樹イベントの謎・・

植樹イベント、特に子供達向けのそれは、やめた方が良いと思っている。

ある時期、日本中がはげ山のようになり、木を植える事が国民的大運動であった時の名残りなのだろうか。また、特定の主唱者からの流行が続いているのだろうか。

植樹のイベントを手伝わせてもらった事があるが、なかなか心が痛むような事が多かった。

まず、適地適木 ではない、こんなので育つだろうかと思える樹種が無造作に植樹される事が少なくなかった。主催者が安易な考えで入手しやすいだけで苗木を選ぶ事もある。

次に、植えるだけで、手入れの事はまるで考えていない場合が少なくない。植樹した後に行ってみると、草に覆われたり蔓がからまっていたり、育てるつもりがあるのか、主催者も植えた人達も、木の事など忘れているように見える。それとも、植えておけば何もしないでも、大人になった時に大きく育った木に出会えると言うつもりなのだろうか。

生き物を育てると言う事は、最後まで責任をもつ事を教える義務があると思う。安易なペットの飼育で動物が虐待されたり、大きくなって捨てられたりと、生き物飼育に対する心構えを、きちんと理解してもらう教育が必要である。動物はもちろん、植物でも同じとは思う。木も植えたら、その後手入れをする前提なら、植樹も少しは教育効果はある。

また、生態系の中で育てると言う、一番子供達に伝えたい事が、植樹イベントにでは伝わらない。

ひどい場合には、植樹イベントのために木を切り払って、更地にして、芝生にしたような所に植樹をしたりする。苗木は、子供達が拾ったドングリをポットで育てたりものだったりする。いったい森の生態系の事を多少でも分かっているのか謎に思う事がある。

森を育てるには、自然の更新力を活かす事が大切だ。イベントで植樹した苗木の近くで、もっと適木と思われる種の幼木が芽生えていたりする。植える時に、近くの植生など観察しないのだろうか。

自然の芽生えを見せてあげる方がどんなにか教育的な事だろうか。森は適切に伐る事で育つと言う面を是非とも教えたいと思っている。これは、自然観の教育の問題である。安易な植樹は、植木鉢で花を育てる教材と同じで、水や肥料などを人が「あげて」、完全コントロールするという工業的農業を支える科学観を意図せずに与えるものだ。

もちろん、作業をうまく組み立てて、植樹を立派な教育にしている事例もある。また、人間により砂漠化した土地や、公害によって荒れた土地に、適地適木で植樹をしていくような、適切な植樹もある。それを市民の手で行い、保護者につれられて一緒に仕事をするなどと言うのはきっと子供も得る事かあるだろう。

特に、行政や団体で、お祭り的に植樹行事をする時など、子供達はまったく利用されているばかりだ。来賓に子供が花束を渡す役みたいなものだ。稚魚の放流でも、花の種まきでも、花壇の花植えでも、なんだか大人の満足のために子供が利用されているようなイベントが少なくない。


子供達に本物を与えたい。もっと骨太の自然観を与えたい。もっと森の中を危険に対応しながら歩いて、木か倒れて、その隙間に、次の芽生えがそだったり、競争で枯れていったり、そんなダイナミックな森の世界をしって、その上でどうしても木を植えた方が良いと知ってから、育てる事を前提を子供達と木を植えてみたい。


また子供達にドングリを播いて育ててもらってから、どこかそれを植えるられる森はないかと相談される事がある。今、木を植えるべき森はそんなにない。伐るべき森の方が多いかもしれない。不適切な人工林を伐って、天然更新させた方が好ましい森の方が多い。

子供達に植えて欲しい場所は、街の中だ。学校の中だ。街の中、子供達の育つすぐ側に樹木が足りない。木登りしたり、木の実で遊んだりできる樹木が街に少ない。植えて、自分で育てて欲しいのは、街の中だ。自分達のために。

子供達と、街のどこに、どんな木が欲しいか、調査をして地図をつくって、自分達の木を近くに育てていく。そんな事ができた時、植樹は本当の教育になる。そのための都市計画や、そのための公園管理など、大人のしなくてはいけない事はたくさんある。そんな事を解決してから、子供達に植樹をしてもらいたい。安易な事は何事も良くない。

植樹、特に子供達に植樹をしてもらう時は、次の事を最低限満たしてもらいたい。

 ○ 植える場所の整備から、育苗、手入れまで一連の作業を継続して行える事。

 ○ 木がないところに植えること。森でなくて街や砂漠化したような土地。

 ○ 自分達で植えようという意思をもってもらえる時のみに行う。

こんな条件で、出来るのは限られていると思う。やろうとすれば、林業家の家族や、親子で参加している市民団体や、学校林を育てる学校教育など限られるだろう。でも、そんな本当に教育的な植樹のできる組織作りが出来た時、世代を超えて持続する森づくりの運動になるだろう

困難そうでで本当は簡単な事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割り箸生産の課題

小田原の間伐材を利用しての割り箸生産プロジェクトですが、課題や今後の事などメモしておきます。

1 割り箸だけを生産するラインで間伐材を利用すると採算が良くありません。割り箸には無節の部分でないと選別の段階の歩留まりか悪くなります。心材の所を建築材に使い、周辺を割り箸に回すのが良いと言われています。

2 皮むきや選別の段階で出る材を、別の形で使える仕組みが必要です。このままでは、割り箸生産がゴミ生産過程をうんでしまいます。燃料やバルブなど何かとの組合せが好ましいです。

3 ヒノキでもスギでも、基本的には使う事ができます。ただヒノキは臭いがある事と、今回ヤニがでた問題がありました。伐採や製材の時期や、乾燥の方法や時期など、いろいろ工夫が必要です。また、ある程度ストックが必要ですが、あまり長く貯蔵する事は好ましくなく、伐採から製造・販売・利用までの生産の時系列を整える必要もありま。

4 試作なので、コストは何も感変えていませんが、今の所、まったく採算性はとれていません。もともと国内材を利用しての割り箸生産は、経営的に成り立たないので、外国産が使われて、環境問題となっているのです。

5 地産地消の運動の中で、地元ブランドの付加価値をつけて、消費者が高くても環境に良いものを選んで費用負担してもらえる仕組みが必要です。

6 上の目的のためには、林業・製材・生産・販売・利用・ブランドイメージづくり・・の関係者がネットワーク化される必要があります。

7 割り箸も、使用後の処理(炭にする・・・バイオマス・堆肥化など)、循環の輪をつくる必要があります。

8 割り箸・・だけでなく、 高級箸・・地元産の塗り箸など、工芸と組み合わせた、箸一般の生産や利用も考えていく必要があります。

要は、できるだけ広いネットワークをつくる事。そして、緻密に技術的な課題を克服していく事でしようか。・・・・

自分は、技術的な立場でしか関われないのですが、プロジェクトを回せる担い手がもっと必要な段階です。

いろいろ協力して頂ける方、よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

割り箸生産の工程

小田原の間伐材を利用して割り箸を生産するプロジェクトをいくつかの会の協働で進めています。将来は生産プラントが出来れば良いのですが、まずは小田原の材を群馬桐生の生産場所に送って試作をしました。

群馬まで送ってはウッドマイレージがよろしくないのですが、あくまでも研究のための試作です。4000膳程度作って、市内いろいろな所で使ってもらっています。

なかなか課題が多いのですが、まずは生産工程を見てください。材の運搬を兼ねて桐生まで4月にいってきました。

1 近くの森林組合などから、提供を受け、まずはこのような形に整形・皮剥きをします。

Img_8448

2 自動的送りのバンドソーで14ミリの板材にします。

Img_8450

3 丸鋸盤で長さを一定に切断します。


Img_8456

5 こんな形の板材ができます。

Img_8465

6 これを一定の幅に同時切断する機械にいれます。割り箸を割る前の形の材ができる事になります。


Img_8467


7 箸のもとになるパーツができます。この段階で乾燥させます。


Img_8471

8 このままでは、曲がったものや、節のあるものがあるので、手作業で選別します。地道な作業です。

Img_8495

9 選別すると50パーセントほどの使えない材が出てしまうそうです。今の所利用方法がないそうです。箸一般つくるのに、同じ程度の材が無駄になるのでもったいないです。


Img_8496

10 いよいよ割り箸製造機に入れます。真ん中を切って、整形する刃物が中で回っています。


Img_8486

11 出来た割り箸。こんな形でどんどん出来てきます。


Img_8490

12 この後、一本一本手仕事で検査。袋詰めする場合も手作業です。

Img_8493

13  今回、小田原から運んでいった材は、このような板材でした。運搬の能率を考えると、こちらでどこまで加工するか課題です。


Img_8498

●  これからの事

 かなり安易に使っている割り箸ですが、大変な工程を経て作られているのがお分かりになるでしょう。

材を有効に利用して、またコストを下げるには、いろいろ技術的な課題も多そうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2月3日 ミズキの切り出しをしました

2月3日 ミズキの切り出し

| | コメント (0) | トラックバック (0)