梅丸くん at 小田原市役所

梅丸くんです。いつ頃、どんなイベントのために描かれたキャラクターなのか、分からないのですが、ちょっと薄れてきていて可愛そう・・・・薄れてかなり忘れられて来ている・・・・

Img_6825

梅丸くんのいる場所は、小田原市役所の裏側。「小田原ときめき夢まつり」とあります。市内の他の所にも梅丸くんがいるらしいのですが、調査中。

Img_6824

なんだか塗り直してあげたい気もしますが。。市役所の方に聴くと、梅丸くんに対してはどうも微妙な反応です。

まあ、ゆるキャラ、マスコットは、好きだ嫌いだ・・・と賛否両論、ややこやしいのですが。

梅丸くん、あなたはどう思いますか。まあ、ちょっと・・・な面もあるけど、もう一度、どこかで活躍してもらっても良い気がするのですが・・・・どうでしょうか。

梅丸くんについての情報、御意見などある方はコメントしてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

金治郎と小便小僧の微妙な関係

小田原路上観察学シリーズ

小田原駅には二宮金次郎と小便小僧のふたつの像がある。それぞれゆかりや経緯があるのだが、位置関係が微妙だと言う人がいる。
Img_5813

こう見ると本の上に小便小僧が・・・・

Img_5814

小僧側から見ると・・・どうも・・どうだろう・・う〜ん・・・


Img_5817

小便小僧移設の経緯は説明書きがある。

Img_5816

とにかく、いろいろ微妙だ・・・ 金治郎が薪を背負うのは史実ではないと言うのがほぼ定説・・・小便小僧もかなりの英雄伝説がついていて・・・

とにかく微妙な像ふたつが、微妙な位置関係で配列されているのは小田原だけかと思う。小田原は偉い・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

傾向ドア

小田原市 某海岸ぞいの街で発見  ただの物置のドアかと思うと・・・トタンの目の方向と見比べると・・・  しばらくぶりの路上観察学です・・・


Img_5514

何が傾いている・・・ドア、家、地面・・?


Img_5510

反対からみても、? ? ・・・・


Img_5516


遠くから見ると分かる・・・傾いた地面建つ正しい小屋だが、まっすぐにすると開けにくいので、ドアを地面に合わせて・・・・

・・・でも、大工さんは大変だったろう・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の電柱・・ダブルブッキング物件

どぶの中にほぼ同じ太さのコンクリ電柱・・・水は流れるのだろうか。大雨だと、あふれる・・・か ?

Img_8697

「路上観察学」シリーズを、本ブログで始める事にしました。その第一弾。一瞬、頭が途方にくれる物件など捜索してご紹介します。

小田原市内、中心部某所。正確な場所は秘密です。自分で探してください。某国家機関の近く・・がヒント。傾いているのはどうしてか・・・


Img_8701

実は、支えの電柱ともに、2本も排水路の水を邪魔しています。どぶの方向と、電柱の方向がぴったり合うのは偶然か。

Img_8702


どうして、こうなったか・・ どぶが先か、電柱が先か。 工事は何時どのうようにして行われたか。どのような目的でこうなったか・・・・物件の成立過程について、社会学的・・政治学的・・・工学的・・に解明できるか。

まあ、あまり水も流れないような場なので、実害はない。きっと路上観察学者のために作ってくれた「アート」に違いないと思う。

電柱計画と、水路計画の「ダブルブッキング物件」としておきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)